今月の写真 

みんなの写真 公開します!!

ダイブドリームを訪れたみなさまが撮影した水中、陸上のお気に入り写真を公開しちゃいます!!
楽しい写真、珍しい写真、スゴイ写真などなど、思い出の写真をみんなで観ましょう!!



HOME > 今月の写真01

今月の写真 9月号

アカシマシラヒゲエビ(ペア)
撮影者 安藤 友浩 様

撮影地 伊豆海洋公園(I.O.P.) 砂場 水深21m
撮影日 2021年8月1日(日)

コメント 
この日は、安藤さんの50本目の記念のダイビングの日でした。前の月にも、富戸でダイビングを行っていた安藤さん。ブランクを開けずに潜りにいらしていたので、プールでウォーミングアップをしてからの一本目のダイビングにも余裕が有りました。ハウジングを使わなくても撮影できるコンパクトなデジカメを手に砂場で撮影してくれました。2本めのダイビングの際に撮影したミツボシygの写真も綺麗だったのですが、2匹同じポーズで並んだ姿と、赤白の配色が鮮やかなこちらの写真をご投稿いただきました。その後の、2本めは2の根でクエやレンテンヤッコ。ブリマチでは、カメ狙いだったのですが残念ながら亀には会えず...。でも、代わりにトビエイ、ヤセエビスなどを見る事がました。伊豆海洋公園のビーチダイビングポイントを右に左に泳ぎ回った充実した1日でした。安藤さん当日は、50本記念ダイビングおめでとうございました!記念ダイビング に相応しく伊豆海洋公園(I.O.P.)の海を潜り込んでいただけて良かったです。引き続き9月の秋の海も良い海が続きます。次の100本に向けて新たなスタートという事で、また潜りにいらして下さい。秋の海でもご一緒するのを楽しみにしております。有難うございました〜!

水中デジタルカメラも色々なタイプのものがあります。一眼レフをハウジングに入れるタイプも有れば、コンパクトデジカメをハウジングに入れるタイプも有り、今回安藤さんが使用されていたようにハウジングが無くても本体のみで水中に持っていけるコンパクトデジカメも有ります。ただ、耐圧水深がメーカーや機種によってまちまちなので、10mまで。とか、15mまでというものも有ります。それでは、30mまで潜るダイビングではちょっと役不足になってしまいます。(水圧に耐えきれず壊れてしまいますからね。)どんなカメラを使うにしても、そのカメラに慣れる事が一番重要です。慣れてしまえば、だいたいどんな感じに写るか想像して写真を撮る事が出来るので、ダイビングにも余裕が生まれます。写真撮ることに夢中になりすぎてはぐれる!?なんて事も撮影に慣れたカメラなら、周りを見る余裕も出来るので、少なくなります。皆さんも、今使っているるカメラにもっと慣れて、余裕を持って撮影して行って下さいね!

ツムブリ&カンパチ
撮影者 HAGI 様

撮影地 伊豆海洋公園(I.O.P.) 2の根 水深8m
撮影日 2021年8月11日

コメント 
この日は、お天気良く海も穏やかな絶好のダイビング日和でした。水温も夏の日差しでかなり暖かくなりウエットスーツで潜るのが気持ちの良い夏の海。潜ってすぐのカケアガリでもイワシの群れを捕食するカンパチが見れる程でした。全体的にイワシが多くなり今回ご投稿いただいた写真の2の根でも、イワシだけでなく色々な魚たちが群れていました。そんな中、2の根の浅い水深にもカンパチが現れたのですが、よく見るとカンパチと違ってスマートで顔の尖った伊豆ではあまり見かけない回遊魚が一緒に泳いでいました。近くまで寄って来た時に良く見てみると体の横に青いラインが入っているツムブリでした。南方系の回遊魚で滅多に伊豆には来ない魚なのですが、暖かい海水温と黒潮の海流の具合が良かったのか、今年は伊豆にもやって来てくれたようです。HAGIさん珍しいツムブリがカンパチと泳ぐ珍しい一枚有難うございました!これから秋に向けてさらに海が良くなりそうですね。また来月も、珍しい魚が出現しそうな予感。今から次回作に期待しておりま〜す!宜しくお願い致します!!

例年8月よりも9月の方がイワシが増えて回遊魚も多くなる傾向があります。今回のような流線型の厳つい(といっても今回の写真は、まだ子供ですが)回遊魚も迫力ありますが、イトヒキアジygのような美しく繊細な魚が見られるのもこの時期です。以前はもっと厳ついハンマーヘッドやニタリも出現した事が有ります。なんといっても、8月には、あのジンベイザメがI.O.P.に出現したという情報も有りましたので、今年は何が出てもおかしく無い海かもしれませんぞ〜。期待し過ぎるのは良く無いですが、ほどほどに期待しないわけにはいかない海となっております。皆様も「程々に期待しながら」9月の海を楽しみましょうね〜!

アカヒトデ(5本足、4本足、3.5本足?)
撮影者 樫村 美和子 様

撮影地 伊豆海洋公園(I.O.P.)1の根 水深27m
撮影日 2021年8月11日

コメント 
この日は、晴れて真夏の1日!波穏やか、水温高め、透明度まずまずで言う事無しのダイビングでした!!イワシの群れも多く、そのイワシを捕食しているカンパチも見る事が出来ました。更には、死滅回遊魚も増えて来て、大物小物共に被写体には事欠かない夏の海。そんな中、1の根の深い水深で何やらいたずらしている様子の樫村さん...。戻って来てから写真を見てその時の行動の意味が分かりました。今年の生態ウォッチングラリーに、基本の5本足では無い6本足とか4本足のアカヒトデを自分で探そう!というテーマが有るのですが、ちょうど4本足のヒトデを見つけて5本足の普通のヒトデと並べていたわけです。出来れば6本足も並べたかったところだったようですが、残念ながら近くに6本足は見つからず...。でも、足がちぎれて再生途中の3.5本足位の個体を見つけて、「三個体揃い踏み」の写真を完成させてくれました!3.5本足もあまり見かけない個体なので、これはこれで面白い一枚ですね!樫村さん、遊び心溢れる一枚有難うございます。この深い水深でも遊び心を忘れない、しかも安全に配慮したダイビングが出来ているところにベテランの余裕を感じさせられました。この余裕で、9月もまた面白い写真を期待しておりま〜す。宜しくお願い致します!!

今回は、生態ウォッチングラリーのテーマのヒトデの写真を樫村さんがご投稿下さいました。カメラ持っていないお客様なら、口頭で見たよ!とお伝えいただければ大丈夫ですし、水中で我々ガイドが近くにいれば呼んでくれれば確認します。もし、樫村さんのようにカメラをお持ちであれば、貴重な生態写真が一枚アルバムの中に追加されますので、証拠写真も兼ねた生態観察作品という事で、是非撮影しておいて下さい。いずれ、他のダイバーさん達に見せてあげて説明する時にも活用出来ると思いますので!!

お問い合わせは

メールアドレス
または 0557-53-4222

お問い合わせはお気軽にどうぞ!!
ご質問、ご不明な事がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
日中は海へ出ている事もございますが、出来るだけ早くお返事を差し上げます。

ご予約先は

ご予約日が決まりましたら、ご予約フォームよりご予約を頂ければと思います。
ご予約確認のメールを差し上げます。
なお、ご予約フォーム送信後24時間以内に確認メールが届かない場合は、大変お手数ですが 0557-53-4222 へご連絡頂ければと思います。

キャンセルについて

キャンセル料金のご案内

体験ダイビング、ファンダイブコースのキャンセル料金 

ご予約日の前日 50% ご予約日当日 100% となっております。

予めご了承下さい。
Cカード取得コース、宿泊付きコース、ダイビングツアーのキャンセル料金は別途ご案介しております。
詳しくはお問い合わせ下さい。