今月の写真 

みんなの写真 公開します!!

ダイブドリームを訪れたみなさまが撮影した水中、陸上のお気に入り写真を公開しちゃいます!!
楽しい写真、珍しい写真、スゴイ写真などなど、思い出の写真をみんなで観ましょう!!



HOME > 今月の写真01

今月の写真 7月号

ハナオトメウミウシ
撮影者 渡邉 夕子 様

撮影地 伊豆海洋公園(I.O.P.)2の根 水深24m
撮影日 2022年6月25日

コメント 
この日は、真夏のお天気ながら南西の風が強めに吹いたおかげで、日陰はそれなりに過ごしやすくとても良い真夏の1日でした。海の方もその強い風が透明度の悪いみずをおきにおいやってくれて、すこぶる良好!この時期としては最高の15〜
20mと、とても綺麗な海でした。ただ...。きれいだけどすっごく冷たいうみでした!!水底水温16℃、水面水温19℃!なかなかに痺れる海でした。でも、陸上が真夏のお天気なので上がってからは全く問題なし。水中は、ドライスーツが欲しいと思う水温でも、陸上は、水着で過ごすのが気持ちの良い真夏の陽気。なかなか刺激的なダイビングを楽しむことができました。そんな、綺麗で刺激的な海で、一本めに潜ったのが2の根。透明度良いので、いつもより2の根が近く感じました。2の根の深い方は、それはそれは透明度よく美しい景色が広がっていました。スジハナダイ雄の婚姻色、サクラダイ雄の婚姻色、キンギョハナダイの大きな群れ、ウメイロの群れ、沖を眺めているだけで心洗われる素晴らしい景色でした。そんな中ふと振り返ると、そんな景色を巻く水に地面にはいつくばって撮影されている渡邉さんの姿が!引き返してその撮影されている被写体を見てびっくり!10cm以上もある大きなハナオトメウミウシ が、なんとこうせつしているではありませんか!こんな大きな個体を見たのの初めてならば、ハナオトメウミウシ の交接を見たのも初めて!2の根でのダイビングは、いろいろな興奮の中終了しました。後から写真見せていただくと、この写真が、とっても綺麗でもあり、グロテスクでもあり、生態写真的に貴重でもあり、ベストショットとなっていました。もう少し、引き気味で、全体の環境の中に2匹が全身写っていた写真もあったのですが、大きさと、その時我々が見たインパクトに欠けたので、あえてどアップの一枚を選ばせていただきました!渡邉さん、あれだけ透明度良く群れも多いと、どうしても景色ばかりみてしまいがちなっところ、広い視野でこんなマクロでレアな生き物の生態まで見つけてくださって有難うございます!なんだか私がガイドしてもらったみたいで、すっかりファンダイビングに連れて行ってもらった気分になってしまいました(笑)。今月は、ファンダイビング強化月間ということで、いつでもどこでもお供する覚悟はできております!可能な範囲でお答えしますので、なんでもリクエストしてくださいまし〜!ありがとうございました!!

オトメウミウシの仲間は、他のウミウシ の仲間に比べて個体数少なく、サイズも小さい個体が多いので、結構見つけにくい仲間です。ただ、ブリマチや、ニノ根の深い方に潜ると、ときどき、大きいサイズの個体に遭遇します。とは言っても単独で見れることが多く、今回のように3匹(写真のに個体の隣にもう1匹いました!)一度に見れることは滅多にありません。潮通しの良い、深い、ソフトコーラルの綺麗なポイントに潜る機会があったら、夏前のこの時期もしかしたら他のダイビングポイントでも見ることができるかもしれません。ちょっとあたまのかたすみに、情報をインプットして、ふと気がついたときには、そんな環境の海で探してみて下さい。サイズが大きければ自分で見つけることができるかもしれませんぞ〜!!

ミノカサゴyg
撮影者 スタッフ 平井 暁子 様

撮影地 伊豆海洋公園(I.O.P.)オクリダシ 水深5m
撮影日 2022年6月26日

コメント 
この日は、まるで梅雨が明けたかのような真夏の1日でした。南西の風が強めに吹いていましたが、前日よりは弱まった感じでした。もともと、南西の風向きだとで入り口は影に入るので、穏やかで全く問題ない海でした。陸上の暑さに比べて、海の深い方は、18℃位とちょっと冷たい水温でした。止まっていると体が冷えるということで、この日は、5番、ブリマチ、2の根と泳ぐ距離があり、あまりじっと止まることが少ないダイビングを心がけました。5番では、テングダイ。ブリマチでは、キンギョハナダイ、サクラダイ、スジハナダイなどのハナダイの群れ。2の根では、アオウミガメ、タカベの群れなどを見ることができました。1日泳ぎ回った最後の送り出しで、細かい生き物を探していると、最後の最後に、いつもトウシマコケギンポが住んでいる岩の下に、この可愛らしい綺麗なミノカサゴのygが隠れていました。緩やかな波の揺れを受けて右を向いたり左を向いたりしていたところを撮影してくれました。ちょうど下から見上げるような感じで撮影する位置だったので、地面近くにいたミノカサゴも、フワッと浮いている感じでさらに綺麗に見えますね〜。平井さん、綺麗で可愛い1枚有難うございました。また、良い写真が撮れたら教えて下さいね〜。


本人曰く『このときは、ヒョイッとシャッターを切ったのが、たまたま綺麗に撮れていました』とのこと。水中写真は、なぜか気合を入れたときは良い写真が撮れず、適当に一枚だけ撮った写真が良い写真が写っていたりするものです。これを、『無欲の勝利』『欲、欲の敗北』というらしいですよ!
綺麗に撮ろうとおもって、いつも気合を入れて撮影していて、結果が伴わないと感じている方は、たまには、肩の力を抜いて、撮れなくても良いくらいの気持ちで、適当にシャッター切ってみて下さい。もしかしたら、良い写真が撮れちゃうかもしれませんぞ〜(笑)

飯田さんと上野のフィン
撮影者 スタッフ 上野 貴弘 様

撮影地  大瀬崎 湾内(陸上) 海抜0m
撮影日 2022年6月19日

コメント 
この日は、もともと予定していた大瀬崎ツアーに行ってきました。まるで梅雨が明けたかのような真夏の1日で、もうドライスーツなんて着てられず、ウエットスーツで気持ちよく潜りました。午前中台車を押して距離のある、外海の(柵下)、大瀬崎の突端近くの(先端)を潜り、最後は、湾内でのんびりダイビングでした。ダイビングが終わって、帰りの車内で、『カメラ持ってエキジットした時に誤爆で撮れてる時ありますよね〜』たまに良い写真あるから、今月の写真コーナーに誤爆写真募ったらどうですか〜(笑)』なんてお話をお客様からいただいていて、全部が誤爆写真だと水中写真ないコーナーになっちゃいますね〜。なんて冗談で話をしていたのですが、お店に戻って写真チェックしたら、『なんと綺麗な誤爆写真が!』せっかくなので載せちゃいました!
皆さんも、思いがけず綺麗な誤爆写真が撮れちゃった時には、写真紹介しちゃうかもしれませんので、教えて下さいね!たまには、洒落の写真もという事で、スタッフ平井の写真に続いて、スタッフ上野の写真でした〜。





お問い合わせは

メールアドレス
または 0557-53-4222

お問い合わせはお気軽にどうぞ!!
ご質問、ご不明な事がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
日中は海へ出ている事もございますが、出来るだけ早くお返事を差し上げます。

ご予約先は

ご予約日が決まりましたら、ご予約フォームよりご予約を頂ければと思います。
ご予約確認のメールを差し上げます。
なお、ご予約フォーム送信後24時間以内に確認メールが届かない場合は、大変お手数ですが 0557-53-4222 へご連絡頂ければと思います。

キャンセルについて

キャンセル料金のご案内

体験ダイビング、ファンダイブコースのキャンセル料金 

ご予約日の前日 50% ご予約日当日 100% となっております。

予めご了承下さい。
Cカード取得コース、宿泊付きコース、ダイビングツアーのキャンセル料金は別途ご案介しております。
詳しくはお問い合わせ下さい。