今月の写真 

みんなの写真 公開します!!

ダイブドリームを訪れたみなさまが撮影した水中、陸上のお気に入り写真を公開しちゃいます!!
楽しい写真、珍しい写真、スゴイ写真などなど、思い出の写真をみんなで観ましょう!!



HOME > 今月の写真

今月の写真 3月号

アオウミガメ
撮影者 尾関 健二 様

撮影地 I.O.P. ブリマチ 水深7m
撮影日 2020年2月22日(土)


コメント 
この日は、天気良く南西の風が強めの1日。陽気は春を通り越して初夏のような、
午前中はちょっと汗ばむほどのお天気でした。波も穏やか透明度も良く、絶好のダイビング日和。そうなると当然3ダイブとなるわけです!!
1本め2本目は、いつも通り砂場、1の根。
砂場の帰りには大きなネコザメ。1の根では、カシワハナダイ。
共に珍しい魚に出会うことができました。
最後の3本目は、ブリマチでのダイビング。行き帰りで合計3回アオウミガメに会うことができました。しかも超接近撮影!!全く尾関さんの撮影を怖がらず、真正面から尾関さんの真上すれすれを乗り越えて泳ぎ去っていきました。乗り越える直前の連続写真がこの2枚!すごいアングルですよね〜。尾関さん、最近は、広角のレンズをハウジングにつけて広い画を撮影されているので、亀もバッチリ画面に収まり、ってはずなのですが、2枚目はなんとよりすぎて全身が映らないという、滅多にない事態に!!いや〜凄かった!!
尾関さん愛嬌のある一枚と、迫力のある一枚。それぞれご投稿いただき有り難うございました!
来月もこの調子で、バンバンご投稿いただければと思います。
大物付いたこの日のダイビング、しばらく忘れられない感じです。
次回も大物に期待しつつ、ご一緒するのを楽しみにしております!!

昨年末から続く、ブリマチ ウミガメダイブ。午前中は会えないこともありますが、午後のダイビングでは、驚異の100%の遭遇雨率をキープしております。どこまで続くのこの状況?!嬉しい限りです!!出来れば一年中こうあってくれると嬉しいのですが、今後どうなりますことやら。いつまでも続くことを期待しつつ、引き続きカメさんダイブ続行していこうと思いま〜す。

レンテンヤッコyg

撮影者 土屋 道子 様

撮影地 1.5番 水深18m
撮影日 2020年2月25日(日)


コメント この日久しぶりにI.O.P.に潜った土屋さん。今年購入して初めて使う新しい最新のカメラセットでの撮影という事で、カメラ試運転ダイブ!って感じでした。マンツーマンということもあり、のんびりと3本潜っていただきました。結果は、前のカメラが結構古かったこともあり、調子すこぶる良好で、綺麗な写真が撮れ、まずは満足の出来だったそうです。ウツボ、カサゴの仲間たちなど沢山の被写体にカメラを向けて撮影してくれました。中でも鮮やかだったのが、このレンテンヤッコのygでした。今までのカメラよりも鮮やかに、そしてちょこちょこと動き回る、被写体もご覧の通りバッチリ映って、撮影していても好感触だったようです。大人も綺麗ですが、子供は色も鮮やかでとにかく可愛らしい!!文句なしで、この一枚を選ばせていただきました。土屋さん、新しい撮影機材での、初の撮影&ご投稿有り難うございました。今回は、温存された新しい広角レンズも使用するのが楽しみですね!次回以降も大いに期待しておりますので、宜しくお願い致します!!

そろそろ、死滅回遊魚も減り始め、熱帯魚のシーズンは終わりを迎えようとしています。それに変わって今度は、地元の生き物が目立ち始めました。アヤニシキを筆頭に新芽が目立ち始めた海藻の仲間。砂場のロープにつき始めたワレカラの仲間。メジナの群れ(波打ち際にはygも!)波打ち際のタカノハダイyg。送り出しの岩の下には、アカエラミノウミウシ。などなど、春を感じさせる生き物が増えています。そろそろ、地元の魚たちにも目を向けて、色々と観察していくと冬の海から春の海に変わった時にスムーズにダイビングを楽しめると思います。今月も色々意識してご案内しますので、皆さんも、地元の生き物も意識して遊びにいらして下さいね〜!!

キンギョハナダイ(オス)

撮影者 岩崎 幸恵 様

撮影地 1の根 水深25m
撮影日 2020年2月23日(日)


コメント この日は、1日天気良く、波も穏やかな絶好のダイビング日和でした。岩崎さんは帰り車に積む器材を乾かしたいという事で、午前中に2ダイブのスケジュールでした。砂場、1の根と潜って沢山の生き物を撮影してくれました。特に2本目の1の根先端あたりは、綺麗な被写体多く美しい景色が広がっていました。イボイソバナガニ、サクラダイ、ニシキウミウシなども撮影してくれましたが、一番接近して綺麗に撮ってくれたのがこのキンギョハナダイのオスでした。泳ぎ回るキンギョハナダイに寄るだけでも難しいのですが、この写真はオスの目にピントがバッチリ合っていて、背びれと臀鰭もブルーがかって綺麗に写っています。いつも肉眼で見ている以上に、美しい姿を写真に収めてくれました。岩崎さん、綺麗な写真ご投稿いただき有り難うございます!来月も綺麗な海が続きます。来月号の方にも、また写真ご投稿いただければと思います。宜しくお願い致します。期待しておりますぞ〜!

岩崎さんが撮影している姿は、特にいつもと変わらずだったのですが、今思うと被写体にカメラを向けて、撮ろうとする時の姿は、気合が漏れるわけでも無く、撮る気がないわけでも無く、自然体で撮影されていました。水中撮影の際には、気合が入りすぎていると被写体が逃げてしまうものなのですが、岩崎さんを見ていると、魚との間合いを取るのが上手に見えました。深追いせずに、撮れる被写体を撮っている感じ、この自然体がなかなか難しいんですよね〜。どうしても珍しい被写体を目の前にすると、気合が入るもの。そこで、冬の地元の魚が多い時期に、いつもよく見ている被写体に目を向けて、撮影の練習してみて下さい。いつもみている当たり前の魚ほど、変な気合が入らずいい感じで撮影できるはずです。そのいい感じを覚えたら、春夏秋の珍しい被写体に会った時も同じ心持ちで撮影してみましょう。きっと良い写真が撮れるようになると思います。何事も経験経験ですぞ〜。透明度の良い今のうちにぜひおためしあれ!


お問い合わせは

メールアドレス
または 0557-53-4222

お問い合わせはお気軽にどうぞ!!
ご質問、ご不明な事がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
日中は海へ出ている事もございますが、出来るだけ早くお返事を差し上げます。

ご予約先は

ご予約日が決まりましたら、ご予約フォームよりご予約を頂ければと思います。
ご予約確認のメールを差し上げます。
なお、ご予約フォーム送信後24時間以内に確認メールが届かない場合は、大変お手数ですが 0557-53-4222 へご連絡頂ければと思います。

キャンセルについて

キャンセル料金のご案内

体験ダイビング、ファンダイブコースのキャンセル料金 

ご予約日の前日 50% ご予約日当日 100% となっております。

予めご了承下さい。
Cカード取得コース、宿泊付きコース、ダイビングツアーのキャンセル料金は別途ご案介しております。
詳しくはお問い合わせ下さい。