今月の写真 

タイトル写真.jpeg

みんなの写真 公開します!!

ダイブドリームを訪れたみなさまが撮影した水中、陸上のお気に入り写真を公開しちゃいます!!
楽しい写真、珍しい写真、スゴイ写真などなど、思い出の写真をみんなで観ましょう!!



今月の写真 10月号

2018.8.28.元田.jpeg

アカハタ

  撮影者 元田 文菜 様

  撮影場所 I.O.P. 1の根 15m
  撮影日 2018年8月29日

コメント 今回は、とっても久しぶりダイブドリームに登場した元スタッフの写真紹介です。10年ほど前に「もっちゃん」の愛称で土日にお手伝いをしてくれていた元田さんが、体験ダイビングに職場の同僚さん二人を連れてファンダイブに遊びに来てくれました。ここ最近は、全然ダイビングしていなかったらしくややドキドキのダイビングでしたが、当時我々スタッフにフィンでの泳ぎも、ダイビングも、接客も、ビシビシしごかれた「もっちゃん」潜ってみたら全く問題無くとっても楽しく写真も撮影できたそうです。昔取った杵柄ってやつですな〜。今回のダイビング楽しかった様子で、また10月も潜りに来る予定のようです。知ってる方は、もしかしたら「もっちゃん」に会うかもしれませんね。この日は、1の根で、こちらの様子をうかがっている綺麗なアカハタさんを撮影。さて、次回は何を投稿してもらえるのかな〜。もっちゃん次回の投稿もよろしく!楽しみに待ってまっせ〜!

以前にも書いたように一時いなくなっていたアカハタ。1の根周辺で、かなり普通に見れるようになって来ました。小さいくて可愛い個体から、大きくて貫禄のある個体まで、さまざまなサイズが楽しめます。なんと無く憎めない、ツンケンしていない顔立ちの、丸っこくって愛嬌のある顔。あれ?もっちゃんもそんなタイプ!?これって似たもの同士が出会ったって事?そう思ってしまったのは私だけかしら(笑)

P9150412.jpg

タテジマキンチャクダイyg

  撮影者 佐藤 真美 様

  撮影場所 八幡野 15m
  撮影日 2018年9月15日

コメント この日は、朝のうち雨午後から曇りの天気でした。翌日は、八幡野港付近のお祭りの予定がある週末でした。このお祭り時期が時期だけに毎年台風の気配がただよっていて、ほとんど雨になる事ばかりのお祭り。「八幡野のお祭りは必ず雨」とジンクスがあるお祭りでした。ただ、幸い前日という事で雨に悩まされる事無く潜る事が出来ラッキーでした。海は、雨水が港の中には入っていましたが、港の外に潜ってしまえば明るく青い海が広がっていてとっても良い海でした。そしてさらにラッキーだったのは、港の出入口付近に少なくとも2匹はトビエイがウロウロしていて浅い水深で普通に写真も撮れてしまった事でした。時々見る事ありますが、複数個体見るのは珍しいので、この日の皆さんはラッキーでした。たまたま、体験ダイビングのお客様もいらしたのですが、女の子二人組は、スノーケリングでも体験ダイビングで潜っている時も両方見れてかなり興奮されていました。きっとこの日の皆さんは「持ってる」人たちだったんでしょうね〜。そんな大物づいたダイビングでしたた、時期的には、そろそろ死滅回遊魚が増える時期。今回は、レアなタテキンygまで撮影していただく事が出来ました。撮影回数まだ少ない佐藤さんですが、生き物に対する気持ちが優しいせいかなぜか寄れるし、中心に合わせてピントも合うし、初心者離れした写真が多いんですよね〜。今回も、美しく可愛らしいタテキンの写真を撮影していただけました。佐藤さんご投稿有難うございました!次回は、もっともっと死滅回遊魚増えていると思いますので、楽しみにしていて下さいね〜!

最近のカメラは、かなり性能が良くなって来ていますが、初心者の方は、泳ぐ魚を中央に写す事や、ピント合わせる事が難しいです。止まっている生き物なら比較的取りやすいのですが、今回のように泳ぐ魚は、自分の体も揺れてしまうので、難しいはずなんです。私の時は、この域に達するまでにフィルムを何本無駄にした事か(私の時代は、フィルムを現像に出してた時代36枚しか撮れなかったんですよ〜)はじめからすんなりど真ん中に泳ぐ被写体を揺れる海の中で撮影してしまう佐藤さんて結構凄いかも!です。考えてみると女性のダイバーの皆さんが車撮影始めると比較的初期の段階から上手く撮ってる方が多いような気がします。多分(多分ですよ)男性は、気合い入りすぐて、「オラオラ撮らせろ〜」って自分では気がつかない殺気が出ていて、女性は、「わ〜かわいい〜、邪魔しないからちょっとだけ撮らせてね〜」って感じで殺気が少ないのでは?って思っています。男性の皆さんも女性に習って女子力アップで撮影してみてはいかがでしょうか!(笑)

2018.9.16.渡邉夕子.オクリダシ5m.jpg

ソラスズメダイygとダイバー

  撮影者 渡邉 夕子 様

  撮影場所 I.O.P. オクリダシ付近 5m
  撮影日 2018年9月16日

コメント この日は、八幡野のお祭り当日で、雨が心配されましたがなんとか曇りのお天気でやり過ごす事ができました。うねりもおさまり問題ない海況。透明度も良く、群れも多く、死滅回遊魚も結構見れて楽しい海となりました。秋は、回遊魚の捕食シーンなどの大物や、死滅回遊魚などの珍しい魚たちに目が行きがちですが、今年は、秋に台風が来ていない事もあり浅瀬のソラスズメダイが凄い群れになっています。体験ダイビングもファンダイビングも、浅瀬は、この青い小さな魚の大群を見ているだけで、空気さえ持つなら一時間でも二時間でもずっと見ていられるくらい楽しく美しいです。そんな美しいソラスズメダイの群れを優しく楽しそうに見ているベテランダイバーの図。これぞTHE伊豆、THE I.O.P. って感じですね。この写真に言葉はいりません。皆さんも見に来てくださいね〜。渡邉さん、私たちが今一番伝えたい海を写真に切り取っていただき有難うございました!

このソラスズメダイ達、伊豆で一番優秀な営業マンと呼ばれています。どんなに我々スタッフがたくさんレグルスダイビングの事を熱く語っても、伝わらない事が多いのですが、この海に潜ってこのシーンを見ればほぼ全員がダイビングって面白い!伊豆魚って綺麗!ダイビング始めたい!って思うんですよ〜。だから秋の我々スタッフは寡黙で口数少ないんですよ〜。少なくとも自分たちはそう思っておりますので(笑)!

2018.9.22.尾中博之。砂場魚礁.22m.jpg

タテジマキンチャクダイyg

  撮影者 尾中 博之 様

  撮影場所 I.O.P. 砂場 22m
  撮影日 2018年9月22日

コメント この日は、三連休の初日でしたが、曇りがちでお天気ややパッとしない感じでした。そんな天気とは裏腹に、朝からダイブのお客様は、気合いが入りまくり!もちろん秋の良い海って事もありますが、午後に予定されているダイバー向け大人の味のつかみ取り大会!に照準を合わせて、早く潜ってつか前に行かなきゃって張り切りまくりのいちにちでした。結果20匹しか子供プールに放たれなかったアジに対して50人以上のダイバーが群がる状況。そんな中なんとそのうちの7匹を我々ダイブドリームのゲストの皆さんが捕獲するという。大漁の結果に皆さんビール片手に勝利の美酒を楽しんだのでした〜。ちゃんちゃん。来年も多分開催されると思いますので、まだ参加されたことのないお客様は是非ご参加くださいませ〜。もちろんこの日は、ダイビングもまじめにしましたよ〜。なんと魚礁に2匹もタテキンが現れて、さらにその2匹を同時に写真に収めるというスペシャルな撮影を尾中さんが達成して下さいました。つかみ取りだけに気を取られて、ダイビングをおろそかになんて全然してませんでしたよ〜。そんな証拠写真をご投稿いただき有難うございました。尾中さん、次回作もまた可愛らしい魚の登場期待しておりま〜す。

今年は、レアな死滅回遊魚が結構複数で出現しております。このタテキンもそうですし、サザナミヤッコyg、カンムリベラyg、ミナミハコフグyg、等々1匹でも珍しいのに複数個体見れたりするとなんだかワクワクしてしまいますね〜。これ10月の海はどおなっちゃうんでしょう!今から楽しみです!

_9240213.jpeg

ホシテンスyg

    撮影者 伊東 聡 様

    撮影場所 I.O.P. 1.5番方面 水深15m
    撮影日 2018年9月24日

コメント この日は、曇り予報だったのですが、思いっきり外れて快晴の暑いお天気の1日でした。更に前日白っぽくなった透明度も回復して透明度もまずまず。波も全く無くすべてが良い条件でのダイビングでした。今年の伊藤さんはずっとツキがあって、波ない時、晴れた時、珍しいものが結構観れるなど、いい流れがきているようです。今回も、回遊魚に逃げ惑うイワシを見たのですが、大きさも今までで一番大きいビックなイワシで、逃げ惑う様子もいつも以上に団子状に固まって至近距離を右往左往してくれたほか、なんとイトヒキアジygも目撃!10月潜る予定の方は、伊東さんのダイビングの予定に合わせて潜るといいこと有るかもしれませんぞ〜。伊東さん、私もあやかってみる事が出来て楽しい1日でした。さらに、こんな美しい被写体の可愛い写真もいただく事ができて大満足です!どちらがガイドしてもらったのかわからないとっても幸せな一本でした。また、次回も期待しておりますので、ご協力を宜しくお願い致します!

このホシテンスyg、実は黒の個体とセットで同じところにおりました。まるでオセロのように白と黒で、なんだか楽しいセットでした。ただ、同時に移すのは無理ですし、黒い方はピントあってても可愛くないし、もともと、綺麗にピントが合わないしでダメでした。こちらの白い個体は、とっても良い感じでゲットしていただけたのでラッキーでした。10月も引き続きセットで見れると思います。皆さんも是非見に来てくださいね!

お問い合わせは

メールアドレス
または 0557-53-4222

お問い合わせはお気軽にどうぞ!!
ご質問、ご不明な事がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
日中は海へ出ている事もございますが、出来るだけ早くお返事を差し上げます。

ご予約先は

ご予約日が決まりましたら、ご予約フォームよりご予約を頂ければと思います。
ご予約確認のメールを差し上げます。
なお、ご予約フォーム送信後24時間以内に確認メールが届かない場合は、大変お手数ですが 0557-53-4222 へご連絡頂ければと思います。

キャンセルについて

キャンセル料金のご案内

体験ダイビング、ファンダイブコースのキャンセル料金 

ご予約日の前日 50% ご予約日当日 100% となっております。

予めご了承下さい。
Cカード取得コース、宿泊付きコース、ダイビングツアーのキャンセル料金は別途ご案介しております。
詳しくはお問い合わせ下さい。